プレミアムスリムビオの効果

プレミアムスリムビオの効果や成分口コミを徹底解説

ビフィズス菌B-3とは?


ビフィズス菌は、人の体内に生息している善玉菌のひとつです。

ビフィズス菌自体が、乳酸菌と比較しても大量に体内に生息していることや、

最近の研究結果として「抗肥満」効果があることがわかってきた善玉菌になります。

 

そんなビフィズス菌の中でも最近特に注目されているのがビフィズス菌B-3になります。

ビフィズス菌B-3とは?

ビフィズス菌B-3は、数あるビフィズス菌の中でも、腸内フローラと肥満の関係に注目した結果発見された

特別なビフィズス菌で、体脂肪の低減効果が確認されているビフィズス菌になります。

 

もともと人の腸内には、有害物質を防ぎつつ栄養素を取り込むバリア機能が備わっています。

さらにやせ菌であるビフィズス菌が作り出す脂肪をブロックする成分「短鎖脂肪酸」が、

脂肪が体へ蓄積するのを防いでいます。

 

短鎖脂肪酸とは、「酢酸(さくさん)」「プロピオン酸」「酪酸(らくさん)」といった、

主に食物繊維や難消化性の糖質の発酵で生じてくる「飽和脂肪酸」のことをいい、

脂肪の蓄積を防ぐ効果があることがわかっています。

 

しかし、近年の食の欧米化によって脂肪分の多い食生活へと変化しており、

さらには、アルコールやストレスによって腸内フローラは悪化しやすい傾向になっています。

 

この状態が続くと、本来備わっていたバリア機能が破壊されてしまい、

体に有害な成分が腸の隙間から体内へと侵入し、脂肪組織や肝臓などに炎症を起こします。

さらに、この炎症が、肥満や糖尿病などの病気の原因になるということが明らかになっています。

 

さらに、この悪化した腸内フローラでは短鎖脂肪酸をしっかりと生成することが出来ないため、

脂肪の蓄積を防ぐことが出来ず悪化を加速させる要因となります。

 

ビフィズス菌の定期的な摂取は、この短鎖脂肪酸の生成を促し脂肪の蓄積をブロックする効果があります。

そのため、定期的にビフィズス菌を摂取することは、腸内フローラを善玉菌優勢に保つために非常に重要になります。

 

しかし、普通のビフィズス菌では、短鎖脂肪酸は作り出せてもバリア機能の修復や回復が出来ません。

この、バリア機能の修復や回復機能をもったビフィズス菌が、ビフィズス菌B-3なのです。

 

ビフィズス菌B-3は、短鎖脂肪酸を生成し脂肪の蓄積を防ぐだけでなく、

バリア機能を常に有効にするように修復、回復させ

肥満や糖尿病の元となる炎症を起こさせないようにしてくれるのです。

 

ビフィズス菌B-3は、まさに健康的な生活をする上で欠かせないビフィズス菌と言えるでしょう。

 

※ ビースリーは森永乳業(株)の商標登録です。
 

ビフィズス菌B-3が入ったプレミアムスリムビオの紹介へ戻る

 

プレミアムスリムビオの成分詳細