プレミアムスリムビオの効果

プレミアムスリムビオの効果や成分口コミを徹底解説

ラクトフェリンとは?


ラクトフェリンとは、哺乳類の母乳などに含まれる成分です。糖たんぱく質と呼ばれる物質で、母乳以外にも、涙や汗などにも含まれています。

 

主に母乳に含まれていることで有名であり、その含有量は、100mlあたり600mg。非常に豊富に含まれており、大切な赤ちゃんの栄養源となっています。

 

カルシウムで有名な牛乳にも微量ながら含まれていますが、母乳と比較するほとんど入っていないといえます。

ラクトフェリンがプレミアムスリムビオに配合されている4つの理由

プレミアムスリムビオには、ラクトフェリンが含まれています。

ラクトフェリンが含まれている4つ理由は以下の通りです。

    • ラクトフェリンは、防御能力を高める
    • ラクトフェリンは、善玉菌が増えるのを助ける
    • ラクトフェリンは、強い抗ウィルス力を発揮する
    • ラクトフェリンは、メタボや生活習慣病に効く


それぞれについて、これから説明していきます。

ラクトフェリンは、防御能力を高める

ラクトフェリンには、鉄と結合する性質がありその力はとても強力です。

悪玉菌の多くは鉄を必要としており、体内の鉄が多くなると活発に活動する傾向があります。

 

ラクトフェリンは、これらの悪玉菌への鉄の供給を強力にブロックします。

その結果、悪玉菌は活発に活動できなくなります。

 

さらにラクトフェリンは、直接悪玉菌や病原菌に直接結合します。

ラクトフェリンが結合することで、悪玉菌や病原菌は脆く弱体化し、

活動が出来なくなります。

また、病原菌が作る毒素の層の生成を妨げて、病原菌が体内に定着するのを防ぎます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは無菌状態です。

その赤ちゃんを守る強力な成分としてのラクトフェリンは、

体内で上記のような働きをすることで悪玉菌、病原菌を退治し、

体を守る働きをしているのです。

ラクトフェリンは、善玉菌が増えるのを助ける

 

ラクトフェリンには、鉄と結合する性質があります。悪玉菌や病原菌はこの効果によって活動を阻害されます。しかし、善玉菌は活動するために必要な鉄が少なくてすむため、ラクトフェリンに阻害されることなく増殖することが可能です。

 

ラクトフェリンによって悪玉菌の活動は低下していますので、腸内フローラは善玉菌優勢となり、より善玉菌が活動しやすい環境になります。

 

生後間もない赤ちゃんは無菌状態であり、その後、母乳によって育てられる赤ちゃんの腸内環境は、ほとんどが善玉菌である乳酸菌で占められています。

 

これは、母乳に含まれるラクトフェリンの影響が大きいといわれています。

ラクトフェリンは、強い抗ウィルス力を発揮する

病気の原因となるウィルスの多くは、感染した組織の細胞膜を利用します。体内の細胞膜をさらに覆う膜を作り出し、結合することでウィルスが細胞へ侵入するための道を作ります。

 

ラクトフェリンは、この膜に結合することで、細胞へのウィルス侵入を防ぐ力を持っています。さらにラクトフェリンは抗ウィルスの力も持っているため、ウィルス自体が増殖することを防ぎ、病気の感染から体を守る役割を担っています。

 

無菌状態の赤ちゃんが抗体のない状態で生活していると次から次へといろいろな病原菌やウィルスが体内への侵入を試みる状態になります。それを防ぎ元気な状態を保つのに力を発揮しているのがラクトフェリンなのです。

ラクトフェリンは、メタボや生活習慣病に効く

ラクトフェリンは、悪玉菌の活動を抑止し、その毒性を抑える効果があります。腸内環境を善玉菌優勢に導く力に優れているため、コレステロール値や中性脂肪値の上昇を穏やかにします。

 

そのため、メタボリックシンドロームや、糖尿病に代表される生活習慣病に対して、予防効果があることが確認されています。

ラクトフェリンの力でよりつよい体を作ろう

このようにラクトフェリンには、プレミアムスリムビオが目的としている腸内フローラを整えやせ菌である善玉菌を増やすのに最適な役割を担っています。

 

それだけでなく、より病気などにもつよい体を作るのにラクトフェリンは大きく貢献してくれます。

 

ラクトフェリンが配合されているプレミアムスリムビオは、美しい腸内を作ることで、外見も美しくかつ、健康的な体を作るのに最適であると言えるでしょう。

 

ラクトフェリンを配合しているプレミアムスリムビオの紹介へ戻る

 

プレミアムスリムビオの成分詳細