レジスタントスターチとは?

プレミアムスリムビオの効果や成分口コミを徹底解説

レジスタントスターチとは?


ダイエットに関する成分情報は日々新しい情報が出てくるのが現在のトレンドといえます。

その中で注目を今注目されているのが「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」です。

 

このレジスタントスタートが含まれた食材が、「Yahoo!検索大賞(食材部門)」を受賞しているということが、どれだけ注目を集めているかを表していると思います。

レジスタントスターチとは?

 

レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)とは、その名の示すとおり、消化されにくいでんぷんのことを指します。

 

一般的なでんぷんは胃や小腸で消化されエネルギーに変わりますが、レジスタントスターチは小腸でも消化されず、大腸まで到達します。

 

レジスタントスターチは、このような特性からエネルギーになりにくく、その上で豊富な食物繊維によって腸内フローラを整えるのに欠かせない整腸作用を発揮します。

 

さらに、この食物繊維の中でも特に腸内細菌に対して非常に優れたよい影響を与えるということが研究によって解明されており、血糖値の上昇を穏やかにする効果などもあることがわかっています。

 

普通の食物繊維以上に腸内フローラを善玉菌優勢に保つためにとてもよい成分。それが、レジスタントスターチなのです。

 

レジスタントスターチはどうやって摂ったらいいの?

 

レジスタントスターチは、別名「冷えたでんぷん」とも呼ばれています。

 

例えば、白米。焚きたてホカホカの温かいご飯にはレジスタントスターチは含まれていません。しかし、冷やご飯になると、白米の中にレジスタントスターチが生まれます。

 

でんぷんは加熱すると、でんぷんを構成しているアミロースやアミロペクチンといった成分の結晶化がとけ、非常に消化しやすい状態になっています。

 

一方で、生のままのでんぷんは、アミロースやアミロペクチンといった成分が結晶化されたままの状態であり、消化されにくくなります。

 

つまり、レジスタントスターチは「温度」と密接な関係があるということになります。レジスタントスターチは、「冷えたでんぷん」ですので、皆さんも良く口にするであろう次のような食品に含まれています。

    • ご飯
    • 麺類(パスタやうどんなど)
    • ジャガイモ
    • パン
    • 豆類


一見すると、糖質制限ダイエットにおいて、NGとされるジャガイモやご飯など、消化されエネルギーになりやすいものが多いですね。

 

しかし、冒頭で説明したとおり、冷ご飯であれば結晶化がとけたアミロースなどが、温度変化によって再結晶化されていくため、レジスタントスターチへと変わっていくのです。

 

つまり、冷静パスタや冷やしうどん、ポテトサラダなど冷やして食べる方法を選べば、温かい状態では摂取できないレジスタントスターチが摂取できるということになります。

 

ただし、上記の方法で得られるレジスタントスターチはごく少量であり、レジスタントスターチに変わったからと慢心してたくさん食べてしまうと効果がありません。

 

冷ご飯でいうのであれば、普段と同様の量を摂取した際に、エネルギーとして変換される量が減り、レジスタントスターチとして大腸まで届き整腸作用を促す効果があるということになります。

 

レジスタントスターチを効率的に摂取するにはどうしたらよいのか?

日常的な生活でも、少しの工夫でレジスタントスターチは摂取が可能です。しかしながらその量は少量であり、ダイエットも説く敵で摂取する場合、もともとでんぷんであるため、レジスタントスターチに変わらなかったでんぷんのエネルギーのよって、場合のよっては肥満を加速要因になります。

 

難消化性のでんぷんである効率的に摂取しようと考えた場合、一番手軽なのは、レジスタントスターチを含んだサプリメントを利用することになります。

 

例えば生のジャガイモはレジスタントスターチの宝庫ですが、そのまま食べることは出来ません。

 

成分として嬉しい部分だけを抜き出したサプリは、今後レジスタントスターチを含んだダイエットトレンドのひとつになっていくでしょう。

 

レジスタントスターチを含んだプレミアムスリムビオの紹介へ戻る

 

プレミアムスリムビオの成分詳細