プレミアムスリムビオの効果

プレミアムスリムビオの効果や成分口コミを徹底解説

乳酸菌HC-12とは?


乳酸菌のEC-12は、エンテロコッカス・ファカリス菌と呼ばれる乳酸菌です。

 

EC-12は、ヒト由来の乳酸菌で、菌としての大きさがとても小さいのが特徴です。

例えば、一般的なヨーグルトで摂取できる乳酸菌と比較すると大体5分の1程度の大きさになります。

乳酸菌EC-12はどこが優れているのか?

EC-12のサイズ、つまり小さいということはそのまま利点になります。

例えば、通常サイズの大きさの乳酸菌では行き渡ることのできない腸の隅々まで、

その小ささを利用して行き渡ることが可能になります。

 

また、小さいがゆえにグラムあたりに含まれる量も多くなり、

量としては少量で、大量の乳酸菌を摂取することが可能になります。

 

EC-12は、加熱殺菌洗浄された死菌と呼ばれる乳酸菌です。

最近では、「生きて腸まで届く」というのがトレンドであり、

生きている乳酸菌のほうが優れているような印象をもたれている方も多いのではないでしょうか?

 

実際、生きた乳酸菌は、高い整腸作用を発揮し、きっちりと仕事を果たしてくれるため、

とてもありがたい存在です。

しかし、死んでいる乳酸菌が劣っているというわけではありません。

 

これはどちらかが選りすぐれているという話ではなく、両方大事であり、

かつ両方摂取するのが一番いいという結論になる話なのです。

死んだ状態でもきっちり仕事をする乳酸菌EC-12

例えば、生きた菌は、生きているがゆえに胃酸などに弱い性質があります。

逆にEC-12は死菌であるがゆえに胃液や腸液に負けて能力を失うことなく

安定して腸内で機能を発揮します。

 

また、生きた菌と比べ、死んだ菌であるEC-12は、グラムあたり5兆個も含まれており、

少量のサプリで大量に摂取することが可能です。

 

つまり安定して腸に機能するのがEC-12ということになります。

 

腸内フローラは、日々刻々と変化を続けており、継続的に善玉菌優勢を保つことが非常に大切です。

少量で大量に摂取できるEC-12はまさに日々摂取する乳酸菌としてはとても優れているといえるでしょう。

 

その上で、生きて腸まで届く、生きた乳酸菌を摂取することでより強い腸内フローラの改善効果が見込まれます。

 

イメージとしては、生きた菌がスパッ!と効くのなら、

死んだ菌はジワっと広がっていくイメージになります。

 

EC-12は、長期的に腸内フローラを改善し太りにくい体質を作るのにまさにうってつけの乳酸菌といえるでしょう。

 

乳酸菌HC-12を実感できるプレミアムスリムビオの紹介へ戻る

 

プレミアムスリムビオの成分詳細