プレミアムスリムビオの効果

プレミアムスリムビオの効果や成分口コミを徹底解説

腸内細菌の種類ってどんなのがあるの?


私たちの腸内にはたくさんの細菌がすんでおり、腸内フローラを形成しています。

でもどういった細菌が住んでいるか? ということについてはあまり知られていないのではないでしょうか?

 

腸内細菌は、大別すると3種類に分けることが出来ます。

    • 善玉菌
    • 悪玉菌
    • 日和見菌


善玉菌と効くと、ビフィズス菌などが有名であり、聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?
悪玉菌は、名前から想像して体に悪そうだというイメージが沸きますよね?
では、日和見菌って何でしょうか? おそらく一番聞きなじみがないと思います。

 

ここでは、これら3種類の菌について簡単に説明していきます。

善玉菌

善玉菌は、腸内フローラに存在する私たちの健康のためにいい働きをしてくれる腸内細菌です。

例えば次のような善玉菌が存在しています。

    • 乳酸菌
    • ビフィズス菌
    • 納豆菌
    • 麹菌
    • 酵母菌


どれもどこかで聞いたことのある名称ではないでしょうか?

 

ビフィズス菌や乳酸菌は、ヨーグルト等でよく耳にすることが多いのではないでしょうか?

糖を分解し乳酸を作り出す善玉菌として有名です。

ビフィズス菌は、腸内の消化活動を手助けし、腸内をよい状態に保つのに非常に有効な善玉菌になります。

乳酸菌は、ビフィズス菌の活動範囲を広げる力があり、善玉菌の働きをより高め、

体にとって有益な効果を発揮します。

 

納豆菌は、ナットウキナーゼで注目を集めている善玉菌です。

糖質やたんぱく質を分解し、消化を助ける働きを担っています。

 

麹菌は、体内で生成されたたんぱく質を対外へと分泌する役割を担っています。

 

酵母菌は、脂質やカロリーなどを分解し、アミノ酸やクエン酸に代表される

体に欠かすことのできない成分を生成する役割を担っています。

悪玉菌

腸内フローラ内の悪玉菌は、体に対してよくない働きをする腸内細菌です。

しかし、一方で腸内に悪玉菌が生息していることで「抗体」としての役割を担っています。

 

例えば次のような悪玉菌が存在しています。

    • 大腸菌
    • ピロリ菌
    • ウェルシュ菌


これらの悪玉菌も名前は聞きなじみがあるのではないでしょうか?

一番多く生息しているのは大腸菌ですが、増えすぎない限り大きな害がない菌になります。

病原性として有名なものに出血性大腸菌のO-157などがあります。

 

ピロリ菌は、十二指腸潰瘍や、胃ガンの原因となることで有名ですが、

衛生環境が改善された現在若者の保菌率は低く、団塊世代に比較的多く見られる菌になります。

 

ウェルシュ菌は昨今有名になった悪玉菌です。

健康時の体内からはほとんど発見されませんが、食中毒の大きな原因となる菌です。

寝かしたカレーなどに発生するすることが多く、下痢等の食中毒を引き起こすと言われています。

日和見菌

日和見菌とは、腸内フローラに生息する

「善玉菌」でも「悪玉菌」でもない第三勢力になります。

 

読んで字のごとく日和見(ひよりみ)をするため、

善玉菌が優勢の腸内フローラでは善玉菌の味方につき、

悪玉菌が優勢だと同様に悪玉菌として働きます。

腸内フローラを改善して善玉菌を優勢状態にしよう

腸内フローラの善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスは、2:1:7だといわれています。

しかし、日和見菌がそれぞれに味方するため善玉菌、悪玉菌のバランスは

6:4程度が理想だと言われています。

 

腸内フローラが乱れている状態。

つまり悪玉菌が優勢な状態である場合、日和見菌は悪玉菌により多く味方します。

その結果、様々の不調の原因に繋がって行きます。

 

腸内フローラの改善とは、善玉菌を増やし、

善玉菌に味方する日和見菌を増やしていくことに他なりません。

 

常に善玉菌が優位に立てるように腸内フローラを整えることこそが健康の秘訣と言えるでしょう

 

善玉菌を増やして悪玉菌(デブ菌)を減らすプレミアムスリムビオ

 

プレミアムスリムビオの基礎知識